生理前にカンジダになりやすい人の特徴と注意すべき点

カンジダ菌は、性器の粘膜周辺や皮膚、消化管など、身体のいくつかの部分に存在する菌です。
カンジダ菌を知らないうちに持っていることは、よくあることで、健康な人にも存在する菌です。
カンジダ菌は、普段は悪さをしない菌ですが、何かのきっかけで、悪さをするようになります。
カンジダにはなりやすい人の特徴があります。カンジダ菌が悪さをする時は、免疫力の落ちている時です。
免疫力が落ちるタイミングは、疲れがたまっている時、風邪などの病気をしている時、ストレスがたまっている時、睡眠不足の時、妊娠中などです。
こういった状態におかれている時には、免疫力が低下しています。
また、抗生物質を服用している最中は、身体によい影響を与える菌までもなくしてしまうことがあり、カンジダが発生する可能性が高くなります。
特に、長期にわたって抗生物質をとり続けていると、カンジダになる危険も高くなります。
カンジダはカビの一種です。カビが増殖する環境は、じめじめした状態が続くところです。
衣服の通気性が悪い状態が、カンジダを引き起こす要因になります。
ストッキングや補正下着など、身体にぴったりとした衣類は通気性が悪くなりがちです。
また、生理用用品をつけている状態も蒸れた状態になりやすいもののひとつです。
男性と女性を比べると、女性がなりやすい病気です。女性ホルモンのプロゲステロンが増える生理前や妊娠中は膣内が酸性に傾きます。
カンジダ菌は酸性を好むため、生理前や妊娠中はカンジダ菌が増殖しやすい時期です。そういった理由から、女性のほうがかかりやすくなります。
カンジダになりやすい人の特徴は、こういった条件がそろってしまうことです。
基本的には、体力がしっかりあり、清潔が保たれていれば、恐れる必要はありません。
しかし、中には何度もカンジダにかかってしまうという人もいます。
カンジダになりやすい人は、要因となることをできる限り避けることで、何度もかかってしまうことを防げます。

生理前はホルモンバランスの崩れからストレスが溜まる

カンジダになる主な理由は免疫力の低下ですが、それだけが原因ではありません。
注意点は、生理前です。カンジダを生理前に発症してしまう女性は大勢います。
生理前はホルモンバランスが崩れる時期です。ホルモンバランスが崩れることで、生理前に不快な思いをする女性は多く、月経前症候群(PMS)が良く知られています。
生理前に、精神的にイライラしたり、眠れずに睡眠不足の状態が続くと、ストレスがたまってしまいます。
身体に違和感や痛みを感じることもあり、頭痛が長く続く状態などはストレスが強いでしょう。
そういったことが、結果的に免疫力を低下させ、カンジダ発症を引き起こしてしまうのです。
生理前にこういったストレスがたまる状態になりやすい人は、それも注意点のひとつになります。
生理前にホルモンバランスの崩れによるストレスを感じやすい人は、生理前の心身の状態を整えることが、カンジダを発症させないために効果的です。
ホルモンバランスを乱れを防ぐには、生活習慣を整えることが重要です。
睡眠不足や食生活の乱れはないかをもう一度考えてみましょう。
十分な睡眠をとることや、栄養バランスのとれた食事は、ホルモンバランスの乱れを整えることに効果があります。
また、ストレスをどうやって解消するのかも重要です。
ストレスを全く感じないような生活は不可能なので、ストレスを感じた時に、自分なりのストレス解消法があることが大切です。
好きなことをする時間をつくったり、リラックスして休息をしっかりとったり、その時々に応じて、ストレスをため込まないように気をつけましょう。
生理前は、ホルモンバランスが崩れやすくストレスがたまりやすい時期ではありますが、少し気をつけるだけで、改善することができます。
そういった工夫をして、カンジダの発症を予防しましょう。