性行為はしていないのにカンジダのようなおりもの

細菌感染 性病の1つとしても知られているカンジダ症ですが、時に性行為がなくても発症することがあります。
性病であるにも関わらず、どうして性行為なしでカンジダ症になってしまうのでしょうか。
それはカンジダ症の原因であるカンジダ菌が常在菌であることが関係しています。
カンジダ菌は本来、人間の皮膚など体の中に常に存在しています。
菌自体は誰しもが持っているものなのでそれこそ、性行為がなくても感染は起こるわけです。
身体が健康的な状態であれば、免疫力や抵抗力がある程度保たれているためこうした常在菌が繁殖することはありません。
増殖しなければ菌が悪さを起こすことはないため、普段はカンジダ症を発症することがないわけです。
ただ、これが体調不良などによって免疫力が低下すれば話は変わります。
体の中に潜んでいたカンジダ菌が途端に活発に動き出し、様々なトラブルを引き起こしていくことになります。
実際にどういったトラブルがあらわれてくるのかといえば、おりものの変化が主に挙げられます。
おりものが黄色っぽくなったり、あるいは臭いがきつくなるなど、異変を感じるようになっていきます。
また、性器周辺がかゆくなる、炎症が起こるなどのトラブルも引き起こされるため、不快な状態が続くようであれば注意が必要です。
本来、おりものは膣内を清潔な状態に保つために必要なもので、その存在自体が雑菌繁殖を防いでいます。
これが免疫力の低下によって機能を果たさなくなっていく、結果として膣内のカンジダ菌が増殖して不快な状態を引き起こしていくことになるわけです。
性行為以外でもカンジダ症は発症することがある、この点は性病についての知識を身に付ける上でも大切なポイントとなってきます。
これを防ぐためには体調不良を防ぐこと、つまりは免疫力が低下する行為を避ける必要があります。
それこそ健康的な生活を心がける、もしくはストレスを適度に解消していくなど簡単な所から取り組んでいくのがおすすめになってきます。

免疫力低下によるカンジダにヨーグルトが効く?

免疫力の低下を防ぐためにはストレス軽減はもちろんですが、普段の食事の面で工夫を施していくのもおすすめになってきます。
というのも、カンジダ症を引き起こすことがある免疫力の低下、これはヨーグルトを積極的に取り入れることで防ぐことが出来ます。
ヨーグルトには胃腸の調子を良くする善玉菌がたくさん含まれています。
これがどうして免疫力のアップに効果があるのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、実はこれこそが大切なポイントです。
というのも、ヨーグルトによって胃腸の調子が良くなれば結果的に代謝や血行が良くなり、体温も上がっていきます。
体温が上がれば免疫力もアップしていき、結果的に体全体の調子が良くなっていくわけです。
胃腸の調子は悪玉菌が増えることで乱れていきます。
悪玉菌の存在はそのまま免疫力の低下にもつながるため、これを減らしていくことが目的となっていきます。
悪玉菌に対処していくためにはヨーグルトが最も効果的ですし、何より手軽です。
毎朝ヨーグルトを積極的に取り入れるようにする、たったこれだけの工夫でも十分に胃腸の調子は良くなっていきます。
最終目的はカンジダ菌の増殖を防ぐことですが、こうした工夫を継続的に続けることで着実にその成果はあらわれます。
少なくと、何もしないまま過ごしていくよりはカンジダ症になるリスクを軽減していくことが出来ます。
カンジダ菌について正しい認識を持っていくことはもちろん大切ですが、それを予防するためには日々の工夫が大切になってくる、この点をしっかりと押さえておきましょう。
性行為をしていないのに厄介な性病を招くことがないように、日ごろからヨーグルトを取り入れて生活習慣を改善していきましょう。