カンジダ感染中はおりものシートを避けた方がいい理由

カンジダ感染について説明する医師 カンジダ感染中はとりわけ、おりものシートやナプキンの扱いに注意が必要になってきます。
そもそも、カンジダ症はその原因であるカビの一種、カンジダ菌が性器周辺で増殖することによって引き起こされています。
そのカンジダ菌の繁殖を促している原因はそれぞれで異なってきますが、少なくとも患部の蒸れや不衛生な状態が続けば悪循環を招くことになります。
というのもおりものシートには膣内から流れ出たおりものが吸収されていきます。
そこにはカンジダ菌が大量に残っていますし、そのほかの雑菌に関しても同様です。
雑菌は暖かくて湿った場所で繁殖しやすいという傾向があるため、当然のことながらおりものシートは繁殖には打って付けの環境というわけです。
カンジダ感染中はとりわけ患部がデリケートになっている状態です。
おりものシートの影響でカンジダ菌の増殖が促されれば、性器以外の場所それこそ皮膚や尿道などにも感染が広がってしまう恐れがでてきます。
カンジダの感染中はおりものシートの使用を避けるのがおすすめです。
理由は先にも挙げた通り、おりものシートの存在が雑菌の繁殖を促す要因となっているからです。
カンジダ症を引き起こさないために、この点は欠かせないポイントとなります。
もちろん、カンジダに感染中であればおりものに異変を感じている人もいるでしょう。
おりものシートを使わないことで不便を感じてしまうケースも考えられます。
ただ、この場合にはおりものシートを使って一時的に対処していくのではなく、根本的な問題となっているカンジダ症を解決していくのがベストな方法となってきます。
カンジダ症を治すことが出来ればおりものの異常もなくなるのですから、結果的にはこの方法が最短の解決策となるわけです。
おりものが増えてきた、もしくはいつもとの違いが目立つようになった、こうした場合にはまず、おりものシートの使用は避ける、そして医療機関で正しく対処していくようにしましょう。

タンポンやナプキンも控えたほうがいい

カンジダ感染中であればタンポンやナプキンの使用も避けるに越したことはありません。
理由は先に挙げた通りで、ナプキンやタンポンの存在が雑菌の繁殖しやすい環境を作り上げてしまうからです。
特に膣内に直接挿入することになるタンポンは、おりものによって体外に排出されていた雑菌を膣内に押し込むことになります。
自分はそのつもりではなくても、タンポンやナプキンを使っている時点でカンジダ症にかかりやすい状況を招いているわけです。
カンジダ症はちょっとした体調不良、疲れで引き起こされることもあるため、とりわけタンポンやナプキンなどの扱いには注意しなければいけません。
とはいえ、女性の場合であれば生理中などタンポンやナプキンの存在が欠かせないときもあるでしょう。
こうした場合、患部の蒸れを防止するためにはどうすればいいのでしょうか。
まず挙げられるのが、ナプキンやタンポンのこまめな交換です。
できるだけ新品のものを使うようにして、患部の蒸れを防いでいきます。
また、時折シャワーやウォシュレットを用いて患部を清潔に保つことも大切です。
経血内やおりもの内には雑菌がたくさん含まれています。
これが悪さを起こす前に流して、常にきれいな状態を維持していくわけです。
たったこれだけの工夫でも患部の不快な環境を防ぐことが出来ます。
それによってカンジダ症の発症を予防することが出来ますし、実際に感染している場合でもそれ以上の状態悪化を防ぐことが出来ます。
本来であれば、カンジダ症は病院に通って対処していくのがベストなのですが、その前段階として自分でできる対処方法をいくつか試していくのもおすすめになってきます。
まずはここで挙げた工夫から取り入れていくようにしましょう。