カンジダの薬はおりものの異常がなくても最後まで使う

薬を持つ医師 カンジダの薬は、おりものの異常がなくても最後まで使うことがとても大切といわれています。
それは、カンジダは、体調不良などの免疫力の低下によってカンジダ菌が繁殖することによって生じ、おりものに異常がでたり、かゆみを伴いますが、用量と用法を守って薬を使用することによって数日でおりものの状態やかゆみが治まっていくことが多いといわれています。
しかし、状態が落ち着いたからといって薬の使用をやめてしまうと、繁殖したカンジダ菌が身体の中に残ってしまうだけではなく、耐性菌が増えてしまい、カンジダをぶり返してしまうことがあるといわれています。
そして、薬の使用を途中で止めてしまったり、使用したりしなかったりと不適切な使い方をしてしまうことによって、菌の中で抵抗性を示すものが出現し、薬が少しずつ効きにくくなってしまう場合があるといわれています。
また、薬を数日間正しく使用しても効果がはっきりとしない場合もあるといわれています。
それは、薬の効き方には個人差があり、身体の中にある菌が減少するまでに少し時間がかかる場合もあるからといわれています。
さらに、薬の効果の判定は、少なくても3日間連続でしっかり使用した後に行われることが多いので、1日や2日で効果が期待できないからといって使用することを止めず、用量や用法を正しく守ってきちんと使用する必要があるといわれています。
このように、カンジダの薬は、使用することによって、人によっては数日で効果がある場合があるといわれています。
しかし、かゆみなどが落ち着いて、おりものの異常がなくても身体の中で一度増殖してしまった菌を徹底的にやっつけるためには、最後まで薬を正しく使うことがとても大切といわれています。
また、数日で効果が期待できないからといって途中で薬の使用を止めてしまうと、再び菌が増殖してしまいますので、このような場合もきちんと薬を最後まで使うことが大切といわれています。

カンジダの薬には膣錠とクリームがある

カンジダの薬には、主に膣錠とクリームがあります。
具体的に、膣錠は、膣に錠剤を入れて使用する薬で、錠剤を膣の深いところに入れることによって、中で溶けて膣壁から薬の成分が吸収されて効果を発揮するといわれています。
一方、クリームは1日に2から3回、患部に薄くのばしてやさしく塗り、かゆみなに効果を発揮するといわれています。
そして、錠剤やクリームを使用する際には、患部を清潔な状態にして使用することが大切といわれています。
それは、患部に菌が付着している場合、薬の効果が落ちてしまうといわれているからです。
また、錠剤やクリームを使用した後は、菌が他の部位に感染することを防ぐために、手をしっかり洗うことも大切といわれています。
さらに、クリームは、外部の皮膚にのみ使用することができる薬ですから、膣内や目の角膜や結膜には使用できないという特徴があります。
膣の外部であっても傷があったり、ひどくただれている部位がある場合は、刺激が強すぎてしまい、効果がわかりづらくなる場合もありますので注意が必要です。
このように、カンジダの薬には、膣の内部に挿入する膣錠と、膣の外部に使用するクリームがあります。
これらの薬を用量と用法、そして注意点をきちんと守って使用することによって、繁殖したカンジダ菌に効果が期待できるといわれています。
また、効果がすぐにでたからといって、膣錠やクリームの使用を数日間で止めず、最後まできちんと使いきることによって、身体の中で増殖した菌に対して適切な効果が発揮できるといわれています。
また、数日で効果がないからといって、途中で使用を止めてしまうことも適切な効果を得ることができませんので、最後まで使用することが大切といわれています。

その他にカンジダの薬には内服タイプがある

カンジダの薬には内服タイプが存在します。
膣錠やクリームと同じくカンジダに効果があり、錠剤だけでなくカプセル、内用液、シロップなど様々な種類が存在します。
内服薬の中で一番多く使われているのが「イトリゾール」です。
このイトリゾールはトリアゾール系の抗真菌薬でカンジダだけでなく水虫の治療にも用いられます。
また、副作用が少ないのが特徴で、安心できるカンジダの治療薬といえるでしょう。