カンジダのおりものがでている時温泉に行くのは良いか

性病の一つ、カンジダ。
とはいえ性行為による感染もありますが、どちらかというと自己感染が主です。
カンジダの元となるカンジダ菌は常在菌で性器の粘膜周辺・消化管・皮膚などに常にいるのです。
そのため性器や口腔に発症することが多いのですが、普段は特に体調に影響を与えることはありません。
ただし、疲労やストレスなどにより免疫力が下がってしまうと異常に増殖してしまい、性器のかゆみやおりものの増加・口腔内の炎症といったものが引き起こされてしまうのです。
もしもカンジダになっている方と性交渉を行ったり、おりものに触れてしまったり、温泉に一緒に入ったりしても感染する確率は低いです。
性病とはいえ、性行為での感染確率は5パーセントから10パーセント程度。
性器がむき出しになっており、性行為のあとにシャワーなどでしっかり洗い流すことができるため、男性が発症することは特に少ないです。
とはいえ、男性でも包茎の人だときれいに洗い落としにくいですし、女性は特に難しいです。
相手の側も免疫力が落ちている状態であれば特に発症しやすくなります。
もしもカンジダになっていることを自覚しているのであれば、温泉旅行に誘われても行くのはマナーとして断っておきましょう。
温泉には入らず旅行だけを楽しむというのなら大丈夫です。
膣カンジダにかかると膣内に錠剤を挿入するというやり方で治します。
この錠剤、膣内で溶けておりものと一緒に出てきてしまうということが多々あるのです。
カンジダのことを内緒にして温泉に行くのもいいですが、もしも変な錠剤が湯船に浮かび上がってきたときに、あなたはどんな言い訳をするのですか。
特に男性は感染しにくいとはいえ、完治するまでは性行為もやめておきましょう。
男性に移すだけでなく、膣内で錠剤が壊れて膣内を傷つけてしまう危険性もあります。
パートナーにしろお友達にしろ、少しでも可能性があるのであれば、あなたと同じような苦しみを味わうことがないよう移さないように注意してください。

温泉で感染する性病、しない性病

昔は性病というのは忌むべきものとされ、感染している方と性交渉はおろか手を触れるだけでも移されてしまうといった間違った情報で不要に迫害していたような時代もありました。
今は少しずつ理解が深まってきており、性病検査に行くのは恥ずかしいというのは変わらないものの検査のためのキットをこっそり取寄せることも手軽にできる時代となっています。
たとえ性行為を行うとしてもコンドームを使用して直接膣内に入れるようにしなければ大丈夫という病気もあります。
大切な人に移さないためにも正しい知識を手に入れましょう。
病気によっては本当に手を触れるだけでも移されることがあるというものだってあるのです。
小さな傷から病原体が侵入するのです。
もちろんカンジダ以外にも温泉で感染する病気というのもあるため、注意してください。
感染経路として温泉やサウナなどが関係する病気としてはトリコモナスやHIV、そして梅毒もあります。
梅毒の場合、粘膜の小さな傷から侵入して血液を通って全身に広がっていくため、衣類や食器やカミソリから移る事だってあるのです。
性行為をしていなくても移る性病があることも知っておいて、異常を感じたらすぐに検査してみてください。
もしも友人やパートナーが感染した場合に、乱れた性交渉を思って腹を立てている場合ではありません。
あなただって、単に性病を持っている人と同じときに温泉に入ったり、そういった方の後に便座を使用したり、タオルを共有したことによっていつの間にか感染しているかもしれないのです。
そういった病原体は抵抗力が弱っているときには特に発症しやすいです。
ちょっと体調が悪いなと思ったら極力温泉などは避け、移されないようにしましょう。