カンジダと聞くと性病の一つだと誤解してしまう人も多いですが、実はカンジダは私たちの身体の至るところに存在している常在菌が原因で発症する病気であり、決して性病というわけではありません。
性病だと思い込んで恥ずかしさから病院へ行くのを躊躇ってしまい、症状をどんどん悪化させてしまう人も多いので、カンジダの正しい解説を理解しておくことが大切です。
カンジダになってしまうとどのような症状が出るのか、パートナーとの性行為はできるのかなど、気になる点を知っておけば余計な不安を感じることもありません。
知識があればちょっとした体の変化からカンジダを早期発見して早く治してしまうこともできるので、この解説を覚えておくことをお勧めします。

膣カンジダの主な症状

免疫力低下している女性 膣カンジダは、カンジダ菌というカビ菌の一種が異常に増殖することで発症する病気であり、性行為によって感染するものではありません。
カンジダ菌は誰でも口の中や皮膚など様々な場所に普段から住み着いているもので、もちろん女性の膣の中にも存在しています。
普段は大人しくしているのですが、免疫力が落ちたり常在菌のバランスが乱れたりすると、一気にカンジダ菌が増殖して不快な症状を引き起こすようになります。
感染中の膣カンジダの症状としては、性器周辺に痛みやかゆみを感じたり排尿しにくくなるといったものが多いです。
また、発症初期ではおりものに変化が見られるようになります。
おりものはカンジダか他の病気かを判断するのにも非常に有効で、違和感を感じたらまずチェックすることをお勧めします。
おりものは、女性の膣内に雑菌などが侵入して悪さをするのを防ぐため、膣内の善玉菌が分泌する粘液のことです。
普段はこの善玉菌が活発に活動しているのでカンジダ菌の増殖を抑えてくれているのですが、風邪をひいたり睡眠不足が続くなど体力が低下すると、善玉菌の数が激減してカンジダ菌を抑えられなくなってしまいます。
するとおりものも正常に働かなくなり、様々な変化が表れます。
具体的なおりものの変化は、分泌量が異常に多くなるということです。
女性は月経の周期に従っておりものの量も時期ごとに増減するのですが、カンジダになってしまうと常に大量のおりものが分泌されるようになります。
これは膣内で増殖したカンジダ菌を何とか押し流そうと、数少ない善玉菌が頑張っておりものを増やしているからだと考えられます。
感染中のこの段階で発症に気づければ良いのですが、量が増えたくらいではなかなか気づかない人も多いでしょう。
更に症状が悪化すると、おりものの状態も普段とは変わってきます。
正常な時はある程度の粘度を保っていたり若干白く乾燥している程度なのですが、悪化するとまるで紙クズのようにポロポロと細かい状態に変化してしまいます。
感染中には量と状態に注意し、異常を見逃さないようにすることが大切です。

おりもの以外に見られるカンジダの特徴

おりものの変化以外にも、カンジダの特徴的な症状はあります。
特に外陰部と呼ばれる部位に強いかゆみや赤い腫れを感じることが多く、感染中は常にかゆみや患部の熱っぽさに悩まされる人も珍しくありません。
症状が重い場合はとても我慢できないほどの強烈なかゆみが襲ってくることもあり、ついつい掻きむしって余計に腫れ上がってしまったり痛みを招いてしまうこともあります。
人によっては性行為の際に痛みが現れることもあるので、無理をせずパートナーに説明して理解してもらう必要があります。
おりものの変化以外の症状は、膣カンジダの感染中特有のものではありません。
他の病気でもかゆみや腫れなどは現れるので、もしこういった症状を感じた場合はおりものに変化がないかも必ずチェックするようにしましょう。

カンジダ感染中にしてはいけないこと

カンジダについて注意する医師 膣カンジダ感染中は、普段とは身体の状態が異なっているのでしてはいけないこともあります。
第一に、パートナーとの性行為やオナニーなどは控えるようにしましょう。
絶対にしてはいけないというわけではありませんが、感染中は体の免疫力が弱っていることもあり、患部に負担をかけたり刺激を与えると余計に悪化させてしまう可能性があります。
辛い症状に襲われたり完治するまでの時間が長引いてしまうこともあるので、よほどの事情がない限りは控えた方が安心です。
オナニーなら誰にも迷惑をかけないし行っても良いのかと考えがちですが、こちらも感染中はお勧めできません。
確かにパートナーに影響することはないのですが、膣の中に指などを入れてしまえば雑菌をわざわざ自分で運んできているようなものです。
感染中はただでさえ免疫力が下がっているうえに膣内の善玉菌も減少しているため、オナニーで外から余計な雑菌を持ち込めば更に症状が悪化したり、別の病気を発症してしまう可能性もあります。
早く完治させたいなら患部を清潔かつ安静に保つことが欠かせないので、できるだけ我慢するようにしましょう。
また、症状に気づいていながら、大したことはないと放置してしまうのも止めましょう。
あまりかゆみや腫れも出ていないからと言って放置していると、どんどん症状が悪化して重症化してしまいます。
すると完治まで余計に時間がかかってしまいますし、何より痛みや腫れなどが非常に強くなって自分が辛い思いをします。
症状がどれくらい強く出るかは個人差が大きいですが、場合によっては日常生活に支障が出るほど酷くなってしまうケースもあるので油断は大敵です。

カンジダが発症したら病院で診察を受けましょう

免疫力などが回復すれば軽症のまま完治するケースもありますが、全員がそうとは限りません。
どうせすぐ治るだろうと油断していると、重症化してとんでもない状態になることもあるので、症状に気づいたら必ず病院を受診するようにしましょう。
婦人科に行ったことのない女性は受診に抵抗を感じることも多いですが、婦人科の医師はカンジダに慣れているので恥ずかしがる必要はありませんし、早く病院へ行けばそれだけ早く完治させることもできます。
この他、食生活にも注意しておいた方が良いでしょう。
特に女性は甘いものが大好きという人が多いですが、実は糖質はカンジダ菌のエサになってしまいます。
スイーツやお菓子といった甘いものだけでなく、パンやパスタなどの糖質も同じく大好物なので、たくさん食べればそれだけカンジダ菌の活動を助けてしまうことになります。
好きな食べ物を我慢するのは辛いでしょうが、カンジダが治るまでは我慢してください。
これまで解説したように、カンジダの症状が現れている場合はしてはいけないことがいくつかあります。
いずれも症状を悪化させたり完治まで時間がかかってしまうことばかりなので、自分のためにもしっかり覚えて避けるようにしましょう。

カンジダ感染中にしたほうがいいこと

カンジダ感染したことを相談するカップル カンジダに感染している場合、上記とは逆にしたほうが良いこともあります。
自分のためにもパートナーのためにも辛い症状は少しでも早く完治させた方が良いので、これから解説する内容を積極的に実践してみてください。
そもそもカンジダを発症してしまう原因は、免疫力が低下したことで普段大人しくしているカンジダ菌が暴れ始めることです。
つまり、感染中でも免疫力を高めるように努力すれば、次第に善玉菌が活性化してカンジダ菌を撃退してくれるようになります。
すると徐々にカンジダ菌の数は抑えられ、症状も落ち着いていくでしょう。
免疫力を高めるための方法はいくつもありますが、何よりも大切なのは食事です。
食事によって身体に必要な栄養素をバランスよく摂取することによって、免疫力を大幅に向上させることができます。
特に免疫力の約70%は腸で作られると言われており、腸内環境を整える食事を摂ることも大切です。
腸内の善玉菌が増えると腸内環境が理想的な状態に近づくため、これに役立つ食事が特にお勧めです。
善玉菌を増やすためには、ビフィズス菌や乳酸菌を豊富に含む発酵食品が最適です。
果物やネギ類に含まれるオリゴ糖という栄養素も、善玉菌のエサとなるので増殖をサポートすることができます。
免疫力は体が老化していくと自然に低下してしまうものですが、その老化を引き起こしているのは細胞の酸化です。
私たちの身体の中には活性酸素というものが常に発生しており、これが細胞にダメージを与えて老化や病気の引き金となります。

免疫力を高める食生活

免疫力を高めるためには、細胞の酸化を防いで若さを維持することが重要になるため、抗酸化力の高い食べ物を積極的に摂取するようにしましょう。
抗酸化力が高いとしてよく解説されているのは、ビタミン類やミネラル、ポリフェノールなどです。
ビタミン類はほうれん草やブロッコリーなどの野菜、ミネラルは豚肉やゴマ、海藻類などに豊富に含まれています。
ポリフェノールや赤ワインやチョコレートに多いのですが、チョコレートには糖が多いので注意しておきましょう。
糖はカンジダ菌の大好物なので、多く摂取してしまうと逆にカンジダ菌を元気にしてしまいます。
免疫機能を構成している細胞を生成するためには、良質なたんぱく質も欠かせません。
肉類や魚、大豆製品に卵などに含まれているので毎日食べたいところですが、牛肉など脂質が多いものは免疫力を下げてしまうこともあるのでバランス良く食べることがポイントです。
こういった食事による免疫力の向上を目指すと同時に、生活習慣を見直すことも大切です。
免疫力は、睡眠不足やストレスなどが蓄積することでも簡単に壊されてしまいます。
毎日たっぷりと眠ってバランスの良い食事を摂り、好きなことをしてストレスを発散するなど生活習慣にも注意しておけば、自然と免疫力が高まって膣カンジダを完治させることができるでしょう。

カンジダに感染した場合の性行為について

カンジダに感染した場合、最も気になるのがパートナーとの性行為です。
確実に性病ではないものの、いまだに性病だと勘違いしている人も多く、万が一パートナーに知られると浮気を疑われてしまうと恐れている人も多いでしょう。
性病ではないと理解しているパートナーでも、やはりカンジダに感染したと聞けば良い顔はしません。
嫌われたくないからと言って、カンジダになっていることを黙ったまま性行為をしてしまうのは絶対にやめましょう。
カンジダ菌はもともと男性も女性も自分の身体に持っている常在菌なので、性行為によって移るわけではありません。
じゃあ黙っていても問題ないと考えがちですが、パートナーのことを考えればカンジダを発症していることを隠して性行為をするのはマナー違反です。
仮に逆の立場だったとすると、パートナーが感染を黙って性行為に及んだら決して許せないと感じるでしょう。
もし後で感染中であることがバレたりすれば、パートナーが怒って喧嘩になってしまう可能性もあります。
余計なトラブルを避けるためにも、症状を自覚している場合は正直に伝えることが大切です。
遠距離恋愛中でやっと会えたなど、どうしても感染中に性行為をしたいという事情がある場合は必ずコンドームを付けてから行うようにしてください。
いくら常在菌だとは言っても、増殖して元気いっぱいになっているカンジダ菌が直接パートナーの肌に付着すれば発症リスクも高まります。
パートナーが元気であれば問題ないのですが、もし風邪をひいていたり免疫力が下がっている状態で直にカンジダ菌に触れれば、これをきっかけにパートナーまで発症してしまう危険性もあります。
また、性行為の後はしっかりシャワーを浴びて体を清潔に保つなど、できるだけ症状を悪化させないように気を配りましょう。
カンジダ菌は菌の一種なので、湿気が多い場合に活発に活動します。
性行為後にそのままにしておくと彼らにとって絶好の環境になってしまうので、必ずお湯でさっと洗い流してしっかり乾燥させておくことが大切です。

カンジダだと性行為中に痛みを感じることもある

カンジダは、人によっては性行為の際に痛みを感じることもあります。
菌の増殖によって膣の中が炎症を起こしている状態なので、性行為をすれば当然膣内の炎症が酷くなってしまいます。
この時に酷い痛みを感じることも多く、とてもじゃないが性行為なんて無理と中断してしまうことも多いです。
ケガをしている患部をあえて擦るようなものなので、痛みを感じるのも当たり前です。
このため、本来であれば女性の身体のことを考えて感染中の性行為は避けた方が良いでしょう。
なかなか女性からは痛いから止めてとは言いにくいものなので、パートナーが自発的に気遣ってあげることが大切です。
そのためにも女性は自分がカンジダになっていることをしっかりとパートナーに伝え、お互いに正しい知識を付けておくようにしましょう。